古民家バンク登録可能物件の調査に行ってきました。しかも2軒!

1/21は協議会・活動デーでぃ!

1/21(土)、この日は協議会作業チーム2チームがゴソゴソと動き回る忙しい土曜日となりました。

数日前に降った雪がまだ残る土曜日

 

ひとチームは、家屋・相談会チーム。

作業の内容は村の管理下に置かれ、必要箇所のリフォーム工事を終えた古民家の内部に残る不用品等片付け作業。

午前中の時間を使って、この日参加が可能だった5名ほどでの作業となった模様です。

 

もう一方は古民家バンク登録へ向けての内部の詳細調査2件を抱えた調査チーム。

場所はなんもく村のやや奥まった地区・羽沢地区と大仁田地区の2物件が対象となりました。

それぞれ、多少の補修なり、片付け・掃除が必要にはなりますが十分に住居としての使用が可能な古民家で、特に羽沢の調査物件に関しては大正・昭和風和洋建築の意匠を残す隠れ家のような構造の物件で、一部の床修理や季節による湿気対策などの難点もありましたが、目の前には清流が流れ、手入れをすれば素敵な空間になりそうな素質を感じさせる内容でした。

二階ベランダからは清流が目の前(羽沢物件)

大きなつくりの古民家と前庭(大仁田物件)

内部には囲炉裏が切ってあります。(羽沢物件)

古民家バンク登録に向けた調査チームの作業も午前中いっぱいの時間を使って無事に完了させることができましたので、集めたデータを整理し、当サイト内【古民家バンク】において物件ページを作成し公開することになります。

物件ページ作成までもう少し時間がかかりますが、またご案内いたしますのでよろしくお願いします!

シェアする

フォローする