10月の全体ミーティング報告&座談会もありました。

第一声が『さむ~い!』で集まってきたのは山村ぐらし支援協議会のメンバーたち。

みなそれぞれ日中の仕事を終え、家でゆっくりとくつろいでいるはずの時間を犠牲にして集まり、協議会としての活動状況を共有し、さらに進めてゆくためのミーティングに参加してくれています。

nexus5_20161011_190906

プロジェクターで活動報告をする調査チーム隊長

定例全体ミーティング会場・役場二階“鳳凰の間”には、15名ほどのメンバーが集まり、定刻19時にさっそく地味局・・・間違えました!さっそく事務局担当者による開会のアナウンス。

次第冒頭にある会長あいさつでは、会場に来るなりずーっとこれを考えていたのではなかと思わせるような“ひねり”を効かせた一言を交えて会場を和ませ、してやったりの会長。

引き続き各作業チーム&事務局からの現在の作業状況報告が行われました。

協議会初!作業報告にプロジェクター登場。

各作業チームからの報告では、前回の全体ミーティングからの作業進捗状況や現在の状況報告がありました。

  • 家屋・相談会チーム
    • これまで家屋チームの調整・連絡役を暫定で現会長が兼任してきたものを、今後チームの神戸副会長が引き継ぐこととする。
    • 各移住相談会に関する協議会内での調整・連絡は事務局に変わり同チームが担当してゆくこととする。
    • 空家案内作業が可能な案件がありましたが、メンバーの都合がつかず今回は見送りとなった。
  • 庶務・交流チーム
    • 今回はメンバーの予定がタイトで作業チームとしての打合せができず、可能な人数で一度打合せを行った。
    • 村内の仕事情報に関して、商工会の協力を得て村内事業者に向けた求人情報に関するお知らせを配布することになった。
    • 他、農林等の組合などにも働きかけ、広く情報提供を求めてゆく。
    • 移住者との交流会に向けた準備をはじめる。
  • 広報チーム
    • 来月発刊予定の山村ぐらし通信紙面づくりを進めてゆく。
    • 協議会HPの閲覧状況の説明。
    • HP内に新たなページを作成する作業を模索してゆく。
  • 調査チーム
    • 10/2に行われた村内空き家の再調査活動に関する報告。
      • 協議会初!プロジェクターを活用し画像を交えての報告は、さしずめ巨大プロジェクトのプレゼンを行うエリートビジネスマンといった印象を与え画期的でした。(こんくらい褒めときゃいいかな・・・。)
    • 調査のあり方に関しての意見を吸収して次回以降に生かしてゆく。
  • 事務局
    • 前回全体ミーティング以降の移住に関する問い合わせ状況や現地案内などの報告。
    • 南牧村をテーマとして活動中の他団体等から交流の場を設けたい等の案内があった旨の報告と協議会としての立場の説明。

上記以外に案件としていくつか次第には載っていましたが、各報告の内容と重なる部分が多く、この場では省略いたします。

 

また、他団体からの交流・意見交換を求める案内がありました今回の個別事例に関しては、協議会役員会および全体ミーティングの場でも了承を頂いた通り、広くその内容を案内したうえで各々の関心に委ねることといたしました。

※ご都合のつく方、関心のある方は是非ご参加ください。※

 

以上、簡単ではありますが先日の全体ミーティング内容を報告いたします。

papercamera2016-10-13-15-37-05

床に並べられた座談会の主役たち

このあと会場を移して行われた2回目となる座談会。

用意された手作りの料理と持ち寄った食材を肴に、

村を語り、夢を語り、熱く、そして楽しく、日付が替わるまで続けられたのでした・・・・。

シェアする

フォローする