村内空き家の再調査活動開始のお知らせ

道場

これまで検討課題となっていました村内空き家の再調査活動が、来月2日から開始され、月に1~2回ほど定期的に活動を継続してゆくこととなりました。

5~6年ほど前、協議会の立ち上げ当時に、全村を対象とした空き家の調査活動をおこなってきておりますが、当時の調査では空家物件の所在の確認に留め、村内に何軒の空家があるのかを把握する程度の作業となっていました。

前回調査から年数も経過し、各地区の戸数や住民人口にも変化が見られますので、再調査という形で定期的に村内各地区を回って現状の空き家分布状況を再確認しておきたいと考えています。

今回の調査ではそれぞれの空き家の所在確認にとどまらず、近隣の住民や各区長さんたちの協力を頂きながら所有者情報や連絡先情報など、一歩踏み込んだ調査活動になるよう勧めてゆく予定でいます。

時間と労力のかかる作業が予想されますが、急ぐことなく有意義な情報収集のために、自分たちの脚で各地区を回り、村の現状を見て、地域の住民の方々から情報を頂き、新たな物件情報に限らず村の現状を肌で感じることができるような腰を据えた活動にしてゆきたいと思っています。

シェアする

フォローする