第3回移住者との交流会 ~楽しかったなぁ編~

今回で3回目となった移住者との交流会。

この村への移住3年までの方を対象に新たな交流の場として、また再会とさらなる交流を深め、日頃の生活の息抜きの場になればと案内をさせて頂きこの日を迎えることができました。

移住者として当日参加頂けたのは10名ほど。

協議会メンバーや県庁からわざわざ参加してくれた地域政策課の職員3名(素敵なLADYと野郎2名)に、飛び入り参加で食欲旺盛な某大手新聞社の若手ホープ記者など総勢25名ほどでの交流会となりました。

“南牧村の三遊亭小遊三”と密かに呼ばれている事務局トップが自ら司会のマイクを握り開会。

 

ずいぶんと口上がうまくなってきた口下手な協議会会長のあいさつの後全員で乾杯!

食べ盛りの若者にはいささか食が不足したのではないかと感じた膳の物に箸を伸ばし、歓談がそこかしこで弾むころ、お孫さんとのスキー帰りで遅刻してきた協議会メンバーもようやく合流です。

 

20160227_191709 (400x300)

アピールタイムでは絶えず笑いが沸き起こり盛り上がっていました。

20160227_192949 (400x300)

黙々と箸を進める年配の協議会メンバー。スキー帰りで腹が減ってたんでしょうか?

 

次々と卓に運ばれる料理に舌鼓を打ちながら交流を深める参加者たちの間合いを遮るかのように、南牧の小遊三師匠がマイクを握り、高らかに「自己紹介アピールタイム!」を宣言して自己紹介が始まります。

皆それぞれが工夫を凝らしたアピール口上に、居合わせた参加者からはドッと笑いが起こったり拍手喝采があったりと楽しい時間を過ごすことができました。

はじめてお会いする移住者の方もいましたので、この場をかりてご挨拶がてら親交を持つことができましたし、しばらくぶりにお会いした方もいましたので、それぞれの立場でよい時間になったのではないかと思います。

 

参加頂いた移住者のみなさんを始め、わざわざ前橋から参加をしていただいた県の職員(素敵なLADYと野郎2名)、これまで毎回参加してくれていた某大手新聞社の若きホープ記者など、これからもよい繋がりを続けてゆきたいものです。

また今回の交流会での準備など、縁の下で動いてくれていた協議会メンバーと事務局のスタッフの方々には、この場を借りて感謝をお伝えします。また来年もたのんます!

そんなこんなで、第3回目となった移住者との交流会も、無事に宴を閉じたことをご報告いたします。

The following two tabs change content below.

シェアする

フォローする