11/28・古民家物件の片付け作業を予定!

村内に現存するいわゆる空き家の古民家。

所有者のわかっている物件に関し、村役場・担当課と一緒に貸家として、あるいは売買希望物件としての了解を得ながら【古民家バンク】登録を進めている山村ぐらし支援協議会。

貸家としての了解を得る際に大きな障害のひとつとなっているのが、建物内に残されている荷物や生活用品の処分となっています。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

居抜きのままの建物内

 

生活の様子を残したまま空き家となってしまったケースが大変多く、『荷物がいっぱいで片付けがねぇ・・・。』という所有者の方の声を多く聞いてきました。

以前からこの建物内の生活用品・物品の片付け作業を山村ぐらし支援のひとつとして協議会でも関わってゆけないものかと検討を重ねてきましたが、今回あらたな試みとして、実験的に一棟の古民家を対象に役場・担当課と協力して内部の片付け作業を行ってみよう!ということになりました。

現在村の事業として進められている、利活用が可能な空き家古民家を村が買い上げ(または借り上げ)、必要なリフォームを施したのち移住を希望する村外者や村内での新たな店舗運営などを計画している希望者に村営の古民家住宅や村営の古民家物件として貸し出しをするという事業で、候補物件となっている古民家の一棟を今回のターゲットとし、来る11月28日土曜日に作業を行う予定でいます。

いまの協議会の実働人員や体力で、新たな試みが定期的に可能かどうかの判断も兼ねていますので、協議会メンバーの皆さんには都合のつく方の積極的なご協力をよろしくお願いします。

シェアする

フォローする