11/25日 全体ミーティングについて

ワォ!どこだっ。ここ?

 今回の全体会議には、事務局からの詳しい案内メールが会員全体に配信されていましたが、多くのメンバーが都合が合わず、役員を除けば村内参加者6名ほど、そのうち南牧生まれ南牧育ちは2名という状況でした・・・。

案内のメールを読んで、わざわざ遠方から駆けつけてくれた県の職員方々、普段はなかなか参加できずにいるやはり遠方からのメンバーの方、飛び入り参加をしてくれた大学生たちには、協議会として本当に申し訳ない気持ちにさせられました。

貴重な時間を割いて駆けつけてくれたにもかかわらず、内容に乏しい、準備不足な、ダラダラとした会議になってしまったことをあらためてお詫びしたいと思います。

地元村民の情報を、より必要としていた今回のミーティング。

村からの要請があり、“村営の古民家住宅事業”実現に向けた準備として、協議会として村営住宅候補物件を何件かピックアップして欲しいとのこと。

これが今回のメインテーマでしたの、原住の南牧っ子たちの地元に根ざした情報が大いに役立ち活躍していただける場面、それぞれの生活地域に存在する隠れた優良物件の発掘も期待されていただけになんとも・・・・。

名簿記載会員数30数名。

生粋の南牧っ子たちが先頭に立ち、オラが村をなんとかするべ!と熱く語ってくれることを切に望み、これからも地道で目立たないながらも、自分たちにできることをひとつひとつかたちにしてゆけるよう、村内・村外の協力者の皆さんからのご協力をあらためて希望しております。

シェアする

フォローする