調査班・活動班合同ミーティング報告

 9/17、協議会・調査班と活動班での合同ミーティングがありました。

合同というからにはそれなりの人数かと思いきや、用意された役場二階の研修室(ミーティング用の小部屋)でも余る程度の参加人数ミーティングとなりました。

 今回のミーティングにはふたつほどテーマがあり、ひとつは予てから課題となっていた空き家調査班と活動班との統合報告と今後の活動に関する内容。

残念ながら調査班のメンバーが非常に少ない状況でしたが、これまでの空き家調査班での作業を活動班での作業に一本化し、活動班としての作業にも関わっていってもらうという方向で確認。

あわせて、現在の調査可能物件の確認(現在5件の詳細調査待ち物件がありました。)ができ、来週の土曜日・午前中の時間を使って詳細調査を行う段取りまで打合せを行うことができました。

この調査に関しては、事務局のほうから休日にもかかわらず連絡メールを各会員宛に案内するそうですので、参加・不参加・まだ分からないに関わらず、礼儀として返信なり電話連絡なり、伝書鳩による伝達なり、各メンバー大人としての対応をとっていただきたいものです。(ちょっと愚痴ってみました。)

 ふたつめのテーマであった、「暮らし体験民家」利用者への村として、あるいは協議会として、どのようなアプローチやアピールができるだろうか?に関してのディスカッション。

いろいろな意見や課題などが飛び交いましたが、結論として現在の利用者以降、次回暮らし体験民家への利用申請があった時点から、協議会&村役場関係者で協議し、申込者の情報を元に提供できる情報やサービスを事前に検討し提供してゆくということで今回の結論といたしました。

これまでやってきていなかったことですから、ひとまず一歩踏み出してみて、新たな課題を見つけては修正してゆくという方法になると思います。

この村に興味を持って来てくれた利用者に、少しでも『利用してよかった!この村に住んでみようかな。』と思っていただけるようなアプローチを、官・民協力して行ってゆければと考えています。

他に、2件ほど報告や提案などがあり、20時をもって解散となりました。
参加メンバーの方には仕事でお疲れのところご苦労様でした。

以上、報告までに。

【なんもく・暮らし体験民家】 
http://www.nanmoku.ne.jp/~sanson/immigrate/minka/

【体験民家の利用要綱・申請書・チラシPDF】 http://www.nanmoku.ne.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=75

シェアする

フォローする