活動班ミーティング報告

 おはようございます。
活動班のかたじ屋さとうです。

群馬県の南牧村(なんもくむら)は今日からin JULY。
ちょっと英語を使ってみました!難しかったかな。

どうだ!なんもく村役場だぞ!かっこいーだろ。

昨晩は、前回の協議会全体でのミーティングを踏まえての活動班ミーティングがありましたので報告いたします。

7/8に予定しています「村長を交えての意見交換会」に備え、村に対するさまざまなご意見、提案、構想、課題等々を前回の全体ミーティングの場で出していただきましたので、ランダムにあがっていたこれらのご意見を、ちょっとだけ集約。

関連のある内容のものを寄せていき、それぞれ7つのテーマとして分類する作業を行いました。

こまかくは表記しませんが、大きなテーマとして「村としての将来へのビジョン」、「雇用の問題」、「教育の問題」、「住民や移住者への支援のあり方」などなど、各テーマの中に先日のご意見を寄せていき、草案とさせていただきました。

あとは、担当者が持ち帰り、文章を整えたりしながら校正をかけ、意見交換会での資料として使えるような形に持って行きたいと思います。

作業そのものはいたって単純な作業ですので、誰かが1人で行っても十分にこなせる作業ですし、効率から考えれば少人数で行ってしまったほうが効率のよい作業です。

が、そこを敢えて作業班の作業として行うことの意味を理解していただけるといいのです。

昨晩のミーティングでの作業でも、作業を進めていく過程ではあれやこれやといろいろな意見や判断が飛び交い、ひとつの内容に対しても幾つかの理解がテーブルの上であっちにコロコロ、こっちにコロコロ。

気兼ねすることなく思い思いの考えをテーブルに出し合い、議論することが自然なこととして受け入れてもらえるようになっていくといいですね。

協議会としては、協力いただいているメンバーのひとりひとりに、少しでも活動に関わっているという意識を持っていただけるよう、遠回りしてでも議論の場を作り、活動の場をつくり、一歩ずつ前進していくことを考えています。

またご協力をよろしくお願いします!

シェアする

フォローする