なんもく村の空家

南牧村の空き家の特徴

南牧村の空き家のほとんどが、いわゆる「古民家」で、戦後に建てられた物件はわりと少数派です。ですから、南牧村で空き家を探して移住することは、すなわち古民家に住むということで、「空き家バンク」は、ほぼ「古民家バンク」と言ってもいいような状態ですので、敢えて「古民家バンク」と名づけています。

ただし、古い建物ですので、今すぐ住めるものもありますが、大なり小なり手を加えなければなりません。

村役場の担当者とあらかじめ打合せの上、訪問可能な空き家を紹介してもらい、実際に見て、触ってみてください(役場担当者または協議会メンバーが同行します)。

また、条件によっては家屋改修や合併浄化槽本体設置工事費を負担する等の補助金がありますので、村役場でよく確認してください。

【リンク】南牧村:合併処理浄化槽設置事業

     古民家バンク

     なんもく暮らし体験民家

 

移住者談

南牧村で暮らすにあたり、都会では当たり前にできていたことが面倒だったり困難だったりすることもあります。憧れだけでは長く続きません。熱い情熱と現実を見る知ることも必要です。

 

 

 

シェアする

フォローする