12/21大塩沢 空家分布再調査 鹿岳を望める場所まで行きました(ゲストと共に)

シェアする

       

今回の空家分布調査は、お坊さんも走り回る年末の慌ただしい土曜日に協議会4名と特別ゲストとして千葉大学の先生1名と生徒2名が参加して行いました

彼らは千葉を朝5時に出て電車で高崎駅へ。そこからレンタカーを借りて南牧村までやってきたそうで、「大変だね」とねぎらいながら調査へ出発

今回は大塩沢高原集落から林道高原線の一番奥の民家までの行程

その道中で調査に関する説明や質問に答えながら調査は久しぶりに新鮮な気持ちで行えました

 

空家かな? どうかな?

服に着いた草のタネを取るのが大変そうでした

 

すぐにでも入居可能そうな空家、少し修繕すれば住めそうな空家、空家か空家でないか微妙な家、朽ちそうな廃屋、色々調査しながら最後には鹿岳を望める場所でお開きとなりました

 

今回のクライマックスの鹿岳が望める場所 眺めがいいね~

 

この後、少し時間があったので先生が生徒さんを南牧村を少し案内するとのことでした

少しは参考になったかな~

The following two tabs change content below.

シェアする

       

フォローする